忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 03:48 】 |
天正十四年(1586年)七月二十七日は
高橋紹雲が筑前・岩屋城で島津軍に攻められ自刃した日です。


立花宗茂の実父である紹雲は、大友宗麟の家臣で、耳川の戦いから衰退していた大友氏に最後まで忠誠を尽くし、島津軍五万に対して千に満たない兵で籠城。
開城勧告を拒否して、島津の大軍を半月以上も釘付けにしました。

これにより豊臣軍の援軍到着までの時間を稼ぎ、立花山城に籠もった実息・宗茂を守ったともいわれています。

紹雲は切腹し、腸を投げつけて果てるという壮絶な最期をとげ、城兵は一人残らず討ち死にしました。

敵将・島津忠長は、紹運の首を抱いて「おはん神か人か。日の本一の武者ぶりでごわしたぞ」と涙を流したといいます。


高橋紹雲が登場する本は

戦国挽歌高橋紹運
PR
【2004/07/27 23:10 】 | 今日は何の日 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<織田信長 山岡荘八著 | ホーム | 文明十八年(1486年)七月二十六日は>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]