忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 14:27 】 |
織田信孝の辞世
織田信長の三男・織田信孝の辞世

 昔より 主を内海の 野間ならば  やがて報いん 羽柴筑前


主筋にあたる信孝の羽柴筑前守秀吉に対する恨みがこもった辞世です。
秀吉は、信孝と仲の悪かった兄・織田信雄との対立をうまく利用し、信孝を切腹に追い込みました。
この前に、秀吉は信孝の母(つまり信長の側室)と娘を磔にしています。
このようにあからさまに主筋を滅ぼした秀吉は、天下を取ったため、現在では悪人に仕立てるような文献・評価は残っていません。
秀吉にとって信孝は、天下取りに最も危険な人物としてうつっていたのでしょうか?
PR
【2004/07/25 20:42 】 | 武将の辞世 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<文明十八年(1486年)七月二十六日は | ホーム | 慶長六年(1601年)七月二十四日は>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]