忍者ブログ
  • 2017.12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.02
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/01/19 02:48 】 |
大島昌宏「柳生宗矩」
4569573428柳生宗矩―徳川三代を支えた剣と智 (PHP文庫)
PHP研究所 1999-12

by G-Tools


柳生宗矩の徳川家康仕官からの一生を描いた本。家康・秀忠・家光の三代に仕え、大名にまで上り詰めた経緯がわかります。基本的にダーティーなイメージや行動で描かれがちな彼を、そのような印象を与えない人物像を作り出していて、面白かったです。

2010.06.04読了

クリックお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログへ

関連リンク→上総介 戦国書店


with Ajax Amazon
PR
【2010/06/04 20:14 】 | 読み終わった本 | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
<<遠藤周作「反逆」 | ホーム | 南原幹雄「謀将 北条早雲」>>
有り難いご意見
無題
はじめまして
勝手にリンクをはらせて頂きました。
http://big1isidai.blog.shinobi.jp/
【2010/07/05 11:23】| | 征夷大将軍 #984dae7b7c [ 編集 ]
Re:無題
征夷大将軍さま

はじめまして。
連絡が遅くなりましてすいません。
了解しました。
よろしくお願いします。
【2010/07/10 12:47】


3時半はいくらなんでも中途半端
こんにちは。
随分とご無沙汰となってしまいました。

最近は南アフリカのサッカー大会などにかかりっきりであまり本も読めていないのですが、鈴木英治さんの「忍び音」を読んでみました。長篠の戦いを間近に控えた武田家が舞台のお話です。推理小説のようでもあり不思議なバランスの時代小説でした。ちょっと緻密さに欠ける所が気になりました。
今思うと岡田秀文さんの「賤ヶ嶽」を先に読んだ方が良かったかな?とも思います。どちらも春の新刊です。

私が今気になっているのが和田竜さんで、「のぼうの城」「忍びの国」「小太郎の左腕」と三作が出ているのですが、いずれも文庫待ちです。「のぼうの城」は来年映画が公開になるそうで、見てみたいと思っています。そのタイミングで文庫も出る気がします。

ではまた失礼いたします。
【2010/07/08 14:48】| | 白天目 #9a895ffb43 [ 編集 ]
Re:3時半はいくらなんでも中途半端
白天目さん、こんにちは。

最近、いろいろと忙しくて、HPもブログも更新が滞りがちです。
新着戦国本のチェックぐらいしかやってません。

なので、岡田氏の「賤ヶ嶽」や「忍び音」は知ってましたが、単行本はなかなかね^^+
ただ、和田氏の作品三作は読みました。
ソレガシ的には、忍びの国が一番お勧めですね。
まもなく行田で撮影が始まるようなので、エキストラで出演を狙おうかな。

では、また。
【2010/07/10 12:52】


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]