忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 14:24 】 |
天正八年(1580年)一月十七日は
播磨・三木城が落城し、別所長治夫妻が自刃した日。

別所長治は、織田信長の麾下に属していながら毛利氏に通じ、そのことから秀吉軍に攻められ、「三木の干し殺し」と呼ばれた兵糧攻めによって約二年間の籠城の末に自刃した武将。享年二十三歳。

彼は城兵の助命を条件に潔く自刃したが、長治の叔父・別所賀相は、毛利につくことを主張し、別所氏を滅亡に導いた張本人でありながら、落城の際に、櫓に火をつけて己のみ助かろうとして家臣に討ち果たされた人物。

それに比べ、賀相の妻は潔く、良人の醜い死際を知っても乱れず騒がず、長治夫妻が自刃するのを見届けると、男女三人の幼な子をと自分の喉を突いて自害したという。


別所長治の辞世

 今はただ 恨みもあらじ 諸人の いのちにかはる 我身と思へば

別所長治の妻の辞世

 もろともに 消えはつるこそ うれしけれ おくれ先だつ 習ひなる世を

別所賀相の妻の辞世

 のちの世の 道もまよはじ いとし子を 我が身にそへて 行くすゑの空
PR
【2006/01/17 22:49 】 | 今日は何の日 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<嶋津義忠「天駆け地徂く―服部三蔵と本多正純」 | ホーム | 嶋津義忠「半蔵の槍」>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]