忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 03:37 】 |
天正六年(1578年)十一月十一日は
大友宗麟と島津義久が日向の高城川原で激突した「耳川の戦い」があった日。

全盛期を迎えていた大友宗麟はキリシタンに没頭し、それにより家臣の離反を招きつつあった。この頃、友好関係にあった日向の伊東義祐の敗走をきっかけとして日向侵攻を行い、伊東氏を追った島津軍と激突した。

先鋒の大友軍が勝利し山田有信の守る高城を取り囲んだが、島津義久の主力に背後から襲われ城兵との挟撃にあって壊滅。宗麟は重臣や有力武将を失い敗走。そして領国では秋月種実や龍造寺隆信などの国人の離反を招き、大友氏は急速に衰えることになる。
これがきっかけで、島津氏は豊臣秀吉の九州征伐を招いたのだ。

戦国時代は川を挟んで戦ったことが多く、有名な合戦は川の名前がつくことが多い。
この戦もその中のひとつだ。

大友宗麟が主人公となる本
PR
【2005/11/11 23:58 】 | 今日は何の日 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<池波正太郎「黒幕」 | ホーム | 慶長十年(1605年)十一月九日は>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]