忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 03:47 】 |
天正十八年(1590年)七月十六日は
石田三成が攻めた武蔵・忍城が開城した日。


三成の軍は約三万。一方、忍城は城主・成田氏長が小田原に籠城していたため、約三百騎と女・子供・老人ばかり。

しかし沼地に浮いた形の忍城までは、いくつもの橋を渡らなくてはならず多くの軍勢をもっても攻めずらい地形であったので、容易に落ちなかった。
そこで三成は水攻めを敢行。
だが大雨が降って堤が決壊し、三成軍は、本陣もろとも流されてしまった。
その後浅野長政や真田昌幸・幸村父子を投入するも落ちず、小田原城に籠もっていた成田氏長が開城するよう書状を出したことにより、やっと開城となったのだ。

忍城の攻防を描いた作品

水の城―いまだ落城せず

はお勧めです。
PR
【2005/07/16 23:13 】 | 今日は何の日 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<藤沢周平著「決闘の辻」UPしました | ホーム | いのうえ歌舞伎>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]