忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 03:43 】 |
慶長二十年(1615年)五月八日は

毛利勝永が豊臣秀頼とともに自害した日。


毛利勝永は豊臣家の譜代の家臣で「黄母衣衆」の一人・毛利吉成の子。
尾張出身で森蘭丸の一族ともいわれる。
元々森姓だったが、秀吉の命で毛利姓に変更した。
慶長の役で初陣して加藤清正が籠城した蔚山城に救援に向かい、父と共に勇戦奮闘。
清正が勝永のはたらきぶりに瞠目し、ぜひとも養子にとしきりに願ったが、吉成も大切な跡継ぎだったためまとまらなかったという。
とても温厚な人物であり義理堅く、境遇は真田幸村と似たところがある。
それでいて戦になると戦上手で激戦を展開し、大阪の陣でも目覚しい戦功をあげている。しかしいかにも地味な人物だ。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログへ

関連リンク→上総介 戦国書店
PR
【2006/05/08 23:46 】 | 今日は何の日 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<南原幹雄「鉄砲三国志」 | ホーム | 小島庄右衛門正重之墓>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]