忍者ブログ
  • 2020.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2020.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/07/03 20:16 】 |
菅 靖匡「小説 織田有楽斎」
4059012645小説 織田有楽斎 (学研M文庫)
菅 靖匡
学研パブリッシング 2010-06-08

by G-Tools


織田有楽斎の生涯を描いた本。武将としての資質に欠け、茶の湯へ傾倒していく様が、地元言葉で書かれています。内容は面白いけど、ちょっと読みにくいかな。

2010.07.25読了

クリックお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログへ

関連リンク→上総介 戦国書店


with Ajax Amazon
PR
【2010/07/23 17:24 】 | 読み終わった本 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
富樫倫太郎「早雲の軍配者」
4120040992早雲の軍配者
富樫 倫太郎
中央公論新社 2010-02

by G-Tools


北条早雲の愛弟子であり、軍配者として足利学校で学んだ風摩小太郎が主人公。若き日の山本勘助や、宿敵・扇谷上杉家の曾我冬之助など、同じ足利学校でのライバルとの関係が面白く、小太郎の純粋さが引き立ちます。ただ最後の終わり方に若干違和感がありました。続きがあるのかな?

2010.07.16読了

クリックお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログへ

関連リンク→上総介 戦国書店


with Ajax Amazon
【2010/07/16 21:57 】 | 読み終わった本 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
伊東潤「武田家滅亡」
4043943210武田家滅亡 (角川文庫)
伊東 潤
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-12-25

by G-Tools


武田勝頼の時代から武田家滅亡までの過程を、リアルに活写した作品。物語は北条氏康の娘・桂姫の輿入れから始まり、佞奸の臣・長坂釣閑の屈折した心情を交え、徐々に後戻りできない状況に陥り滅亡するという展開。そこに忠臣・小宮山内膳と裏切り者・辻弥兵衛、片切監物、宮下帯刀父子などの脇役たちも、作品に躍動感を与えています。

2010.07.09読了

クリックお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログへ

関連リンク→上総介 戦国書店


with Ajax Amazon
【2010/07/09 18:06 】 | 読み終わった本 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
江宮隆之「直江兼続」
4059011665直江兼続 (学研M文庫)
江宮 隆之
学習研究社 2004-11-10

by G-Tools


上杉謙信の直弟子として「義」を重んじた直江兼続の生涯を描いた本。直江家を残すことなく潰した兼続の心情は、ある事件をトラウマとしていると結論付ける内容となっている。その兼続の無念の心情をつづっています。

2010.07.02読了

クリックお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログへ

関連リンク→上総介 戦国書店


with Ajax Amazon
【2010/07/02 17:58 】 | 読み終わった本 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
井口朝生「前田利家 物語と史蹟をたずねて」
4415064299前田利家―物語と史蹟をたずねて (成美文庫)
井口 朝生
成美堂出版 1995-09

by G-Tools


前田利家の史実をつづりながら、彼に関係する史蹟を紹介する本。まあ、それだけです。

2010.06.28読了

クリックお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログへ

関連リンク→上総介 戦国書店


with Ajax Amazon
【2010/06/28 17:55 】 | 読み終わった本 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]