忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/27 01:31 】 |
大永元年(1521年)十一月二十三日は
上条河原の戦いで武田信虎と戦った福島正成が戦死。この合戦中に武田信玄が生まれたといわれます。


この年、信虎は国府を石和から躑躅ヶ崎へ移転させ、城下町建設中でした。そこへ今川氏の重臣・正成が攻め込みます。(飯田河原の戦い)

多数の犠牲を出しながら何とか正成を撃退。翌月に再び福島勢に攻め込まれたが、大将・正成を討ち取る圧勝をおさめました。これ以降、武田家が国府建設と国内統一されることになります。

福島正成は、「フクシマ」ではなく、「クシマ」と読みます。福島家は今川氏親の側室の一族で、今川家ではかなり勢力を持った家でした。しかし今川氏輝没後の後継争い(花倉の乱)で勢力が衰えます。
この戦で正成が討ち取られたことによって、子の綱成は北条氏にはしり、北条氏綱の娘を妻として養子となり、地黄八幡の旗で有名な北条綱成となりました。

福島家は代々、左衛門太夫を名乗っています。豊臣秀吉の子飼いの武将・福島正則もこの福島家と関係があったとも言われています。もしかしたら、福島正則も「クシママサノリ」と読むのかもしれません。

武田信虎が主人公の本
雲の涯
信虎
武田修羅伝 帰って来た信虎

福島正則が主人公の本はこちら
PR
【2004/11/23 18:59 】 | 今日は何の日 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<真田太平記 池波正太郎著2 | ホーム | 戦国自衛隊エキストラ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]