忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/27 01:29 】 |
天正元年(1573年)八月二十八日は
浅井長政の小谷城が織田信長によって攻められ落城した日です。


信長の妹・お市を妻として同盟していた長政は、信長の朝倉攻めの最中に突然同盟を破棄。
朝倉を攻めていた織田軍の後方から挟み撃ちをする動きを見せます。
信長は命からがら京に逃げ帰ったといわれます。

その後の姉川の戦いで織田・徳川連合軍と戦った浅井・朝倉連合軍は敗戦。
一時は足利義昭の呼びかけにより、浅井・朝倉・本願寺・武田の信長包囲網を築きますが、信玄の死により崩壊。
再度信長は朝倉を攻め、一乗谷城が落とすと、その勢いをかって小谷城を攻めました。

京極丸に籠もった父・久政は自刃。京極丸と連絡を絶たれていた長政は、父の助命を条件に、お市と三人の娘を信長のもとに送り、降伏のため城を出ます。
しかし父の自刃を知り、家老・赤尾美作守の宿所で再度抗戦して自刃しました。

浅井長政が信長の同盟者のまま本能寺の変が起こったとしたら、秀吉や家康の天下はあったのでしょうか?
結構面白いシュミレーション本ができるのではないかと思います。


浅井長政が登場する本は
死して残せよ虎の皮
浅井長政
浅井長政の決断
浅井長政 信長に反旗を翻した勇将
修羅剣魂
幻の観音寺城 (脇役) 主人公:六角義賢
PR
【2004/08/28 22:16 】 | 今日は何の日 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<高橋直樹著「山中鹿之介」UPしました | ホーム | 千利休の辞世>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]