忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 03:50 】 |
慶長二十年(1615年)五月八日は
大阪夏の陣によって大阪城が落城し、豊臣秀頼が自害した日。


大阪夏の陣は、前年の冬の陣の和睦後に、徳川方が約束違反で内堀まで埋め、更に豊臣方に強硬な恭順案を出されたことに対する反発から開戦に至った戦い。

秀頼は太閤秀吉の子で、母は浅井長政と お市の長女・淀殿
自害したときは23歳だった。

彼はあまり前面に出ていないためか、どのような人物だったのかわからないようで、暗愚であったとか、立ち振る舞いが立派であったとか、様々な説がある。
本当のところはどうだったのだろうか?


豊臣秀頼が主人公の本は以下のとおり。

密室大坂城
運命峠
城塞
月の人豊臣秀頼
氷の城
忍法水滸伝
PR
【2005/05/08 15:25 】 | 今日は何の日 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<池波正太郎著「火の国の城」 | ホーム | 八切止夫著「寸法武者」upしました>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]